冬だからこそ!パサつき髪対策!

19ec06644bee606cd382a087c6b5e19454_s

一段と気温の低くなる冬。

女性が一番に心配するのはお肌の乾燥だと思いますが、実は見落としがちな頭皮や髪の毛の乾燥。一年の中で気温が低い上に室内では暖房がつき、頭皮や髪の毛の水分はもちろん奪われやすくなります。
そのため冬は最もパサつき髪になりやすい季節なのです。

そこで本日は、ぜひ知っておきたい冬のパサつき髪対策についてご紹介します。

1.洗髪の際お湯の温度は38度前後で
冬は特に気温が低いため、
ついつい熱めのお湯で洗髪してしまいがちですが、
実は熱いお湯が頭皮や髪の毛の水分を奪い、乾燥の原因になります。
さらに髪の毛のキューティクルが剥がれる原因になります。
洗髪時のシャワーの適温は38度前後のぬるま湯を心がけましょう。

2.洗髪の際にひと手間
・洗髪の前に(髪を濡らす前に)ブラッシングしてホコリなどの汚れを落としておく。
・洗髪時に優しく丁寧な頭皮マッサージを心がける。
これらを行うことで毛穴の汚れが落ち、頭皮の血行をよくするため健康な髪が生えてきます。また頭皮を健康な状態に保つことでサラサラな髪の毛を導きます。

3.トリートメントは必須
トリートメントは髪の毛の表面だけでなく、内部までたんぱく質を浸透させることができるため髪の毛への栄養補給になります。
髪の毛がパサつく季節は特にトリートメントは必須になります。
シャンプーの後のトリートメントもお風呂上がりの洗い流さないトリートメントもなるべく使用するよう心がけましょう。

4.髪を濡れたまま放置しない
髪をパサつく原因のひとつとして自然乾燥があります。
自然乾燥をして寝てしまうとキューティクルが開いたままで枕との摩擦が発生するためキューティクルが剥がれ落ちる原因になり、最悪です。
髪の毛をしっかりドライヤーで乾かして寝ることは重要なことです。
ドライヤーの熱によるダメージが気になる場合、頭皮から15センチ以上離して乾かすこと、温風である程度乾いたら冷風に切り替えて最後まで乾かすことを意識しましょう。

以上のことを実践することで冬のパサつき髪は十分対策できます。
ぜひ、みなさんも実践してみてはいかがでしょうか?

冬でもサラツヤな美髪が手に入りますよ・・・♪

キレイな髪を目指すならRaffiシャンプー

【特記事項】
当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。
この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。