蕎麦が生活習慣病の予防に役立つって本当?

144bdd906384f013597f1c66ff1928d1ba_s

今や健康長寿の最大の阻害要因となり国民医療費にも大きな影響を与える「生活習慣病」。

その多くは不規則な生活の積み重ねにより内臓脂肪型肥満となり、これが大きな原因となって引き起こされるものです。

しかし生活主観病は個人が日常生活の中でほどよい運動やバランスの取れた食生活、禁煙を実践することによって予防することもできます。

そこで、生活習慣病を予防するために有効な食材として蕎麦が注目されていることご存知ですか?様々な健康効果が期待できると言われている蕎麦ですが、本当に生活習慣病を予防する効果はあるのでしょうか。

まず蕎麦に含まれる栄養素から見てみましょう。

蕎麦には・・・
・ルチン(ポリフェノールの一種)
・食物繊維
・良質なデンプン
・タンパク質
・カリウム
・亜鉛
・ビタミンB
これらの栄養素が豊富に含まれており、健康効果が非常に高いと言われています。

さらにその中でも、栄養素として有名なポリフェノールの一種である「ルチン」という物質が多く含まれています。

蕎麦に含まれるルチンは活性酸素を除去するため生活習慣病を予防する効果があります。
さらにルチンは毛細血管をしなやかにして動脈硬を防ぎ、血流を改善する働きがあるため冷え性の改善にも効果があると言われています。
そのほかにも血圧のコントロールにも役立つということから、糖尿病や認知症の予防効果も期待できるでしょう。

ただし、ルチンは水溶性なので蕎麦を茹でるときに茹で汁に溶け出してしまうこともあるようです。
お蕎麦屋さんで蕎麦の茹で汁である蕎麦湯が出された場合、ぜひ飲んで無駄にしないようにすると良いかもしれません。

キレイな髪を目指すならRaffiシャンプー

【特記事項】
当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。
この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。