誤ったヘアケアとは?

423c1b6a322813cad1f3a5e296f89751_s

健康できれいな髪をつくるためには正しいケアが必要です。

「毎日欠かさずに正しいケアをしているつもりなのに効果がない」
なんてことありませんか?

それは正しいと思いながらもうっかり間違ったケアをしているからです。
ヘアケアは一歩間違えると頭皮トラブルにつながることも・・・

本日はうっかりやってしまいがちな間違ったヘアケアについてご紹介いたします。

1. 濡れた髪の毛をブラッシング
髪の毛は濡れている状態が一番デリケートです。
濡れた髪の毛にブラシを通すとキューティクルが剥がれてしまうため要注意です。
ある程度乾かしてからブラッシングを行いましょう。

2. ドライヤーを使用しない
ドライヤーの熱は髪の毛を傷ませる原因だからといって自然乾燥はNG。
髪は濡れた状態で放置するとキューティクルが剥がれるため、絶対に。ドライヤーは15センチ以上頭から離して使用すると熱によるダメージは抑制できます。

3. 強い洗髪
入念に洗髪しなければと思って、強くゴシゴシ擦るようにしないこと。
摩擦によりキューティクルが剥がれてしまいます。また、爪を立てて洗髪するのもNG。
頭皮が傷つき炎症を起こしかねません。
指の腹で優しく揉みこむように洗髪しましょう。

4. お湯の温度を高く設定すること
シャワーのお湯の温度が高すぎると、洗髪の際汚れだけでなく、栄養分や水分など頭皮に大事なものをすべて奪ってしまいます。
お湯の温度はぬるく、38度前後に設定して使用するのがベストです。
5. ヘアケア製品をたくさんつける
髪を美しく保つためにヘアケア製品をたくさんつければいいという考えは逆効果です。
髪の毛を潤したいという目的なのにそれが逆にキューティクルをコーティングしすぎてしまい、結果乾燥してしまうことになりかねません。ヘアケア製品は最低限のものに抑えましょう。

6. 力強く頭皮マッサージを行うこと
頭皮と顔は一枚の皮膚でできています。力強くマッサージすると肌に負担がかかり、顔にたるみをまねきます。また強い刺激を与えることは頭皮にとってもよくありません。
顔の肌と同じように優しくマッサージすることを心がけましょう。

一つでも心当たりのある方は、間違ったヘアケアを行っている証拠です。

早速、本日からから改善しましょう。

キレイな髪を目指すならRaffiシャンプー

【特記事項】
当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。
この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。