ノンシリコンシャンプーって本当にいいの?

02

【みなさんはシャンプーを選ぶとき何を基準に選ばれていますか?】

パッケージや価格、香りやCMのイメージ…様々だと思います。しかし一番は髪や頭皮にいいシャンプーを使用したいものですよね。

では、本日は一度流行した「ノンシリコンシャンプー」について、本当に髪や頭皮にいいものなのか・・・
シリコンは髪や頭皮に悪いという噂は本当なのか・・・
シリコン入りとノンシリコンの違いも併せてご紹介いたします。

そもそもシリコンって何?
シリコンはケイ素に化学的処置を加えた合成樹脂のこと。人体に影響はなく、身近な食品の加工や医薬品にも使われていることがあります。
ヘアケアに配合されるシリコンの役目として、髪の毛をしっとりまとめ、指通りをよくするという効果があることからトリートメントに使われることが多いようです。

ではノンシリコンが注目された理由は?
シリコンは髪の毛に表面的な美しさを出す役割は果たしますが、髪の毛を中から補修したり強くしたりすることはできません。逆に毛根や毛穴が詰まって栄養が行き渡らず髪の毛が細くなることも・・・
そんな悪い噂がシリコン自体のイメージを悪くし、シリコンが含まれていないノンシリコンシャンプーが注目されたと言われています。

しかし本当のことを言うと、シリコンは頭皮に付着しても問題ありません。頭皮へは髪ほど付着しにくく、洗浄により比較的簡単に落ちるものです。
デメリットといえばシリコンが入っていると泡立ちが悪いということくらいです。

結局のところどちらも頭皮や髪の毛に害はありません。

シリコンかノンシリコンかどちらかを選ぶうえで、自分の髪質や悩みに応じて選ぶのが一番でしょう。

◆ノンシリコンのメリット
・洗い上がりがすっきり軽やか
・サラサラヘアになる
・髪がペタンコになりにくい
・ハリコシがでる

◆シリコンのメリット
・シャンプー中の摩擦によるダメージを軽減する
・ドライヤーの熱によるダメージから守る
・広がりやすい髪をしっとりまとめる
・ひどく傷んだ髪の毛には最適

あと一つ、方法としてシャンプーはノンシリコン、トリートメントはシリコン入りのものという使い方がベストでしょう。
その方がシャンプーはシャンプーとしての、トリートメントはトリートメントとしての長所を最も発揮できて、かつ理想的な処方をしやすくなるはずです。

キレイな髪を目指すならRaffiシャンプー

【特記事項】
当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。
この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。