サロン帰りの仕上がり

blow

美容室に行くと必ずと言っていいほど髪の毛がサラサラに仕上がりますよね。
この仕上がりをキープしたいものの、自宅で洗髪すると元に戻っちゃいませんか?

美容室で購入したシャンプーとトリートメントなのになぜ?と思われる方もいらっしゃることでしょう。

ポイントはブローの仕方です。
ほとんどの美容師さんは時間をかけて丁寧にブローしてくれますよね。では自宅で同じようにブローできているでしょうか?

きっと、同じようにはできていないと思います。

本日はそんな「サロン帰りの仕上がり」をキープするブローの仕方をご紹介いたします。

まず、洗髪後は優しくポンポンと叩くようにタオルドライしてください。この際にゴシゴシと擦るように水気を切ることはNGです。

タオルドライをした後は必ず洗い流さないトリートメントを付けて、すぐにドライヤーをしましょう。

ここからが重要です。
まずはブラシを使わず、髪の毛の根元から乾かすこと。髪全体の中で一番根元が乾きにくく、最も傷みやすい毛先のオーバードライによるパサつきやゴワつきを防ぐためです。
ドライヤーを上から下へと動かすイメージで・・・中間部分はしっかりと髪の毛を持ち上げながら乾かすと乾くスピードもアップします。

次に手グシで毛先を乾かします。毛先を乾かす際は上からドライヤーを当て、後ろから前に乾かします。さらに毛先は内側に軽くひねり、内巻きになるように乾かします。

毛先を乾かした後はブラシの出番。再度、上から下へとドライヤーを動かし、ドライヤーの動きに合わせてブラシで髪の毛を持ち上げるようにブローする。(写真を参考に)

仕上げはドライヤーを冷風に切り替えてブローしたら完了です。

これで毎日が「サロン帰りの仕上がり」に・・・
ぜひ参考に試してみてください。

キレイな髪を目指すならRaffiシャンプー

【特記事項】
当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。
この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。