頭皮のかゆみと紫外線

7c7894af7f8c0c0e7b1c5c4c13afb6eb_m

日射しの強い夏の間は特に、紫外線対策を行っていた人は多いと思います。露出しているありとあらゆる部分に日焼け止めを塗ったり、長袖やアームカバーで保護したり…。
しかし、頭皮の紫外線対策まで気にかけている方は少ないのではないでしょうか。
実は、頭皮こそ紫外線を最も浴びやすい場所なのです。頭皮が浴びる紫外線量は、顔の約6倍と言われています。
頭皮は紫外線によって大きなダメージを受けているのです。
そのダメージのひとつが、頭皮のかゆみです。

紫外線から頭皮を守るには

最も簡単にできる方法は、帽子や日傘によって頭皮を保護する方法です。
また、髪専用のUVケア商品として、スプレーやクリームが市販されているので、それを利用するのもよいでしょう。
見落としがちな点として、紫外線は髪の毛に保護されていない『分け目』に集中するので、分け目をこまめに変えることも効果的です。

紫外線による頭皮のかゆみを和らげるには

大切なのは、正しい洗髪です。
頭皮が荒れて痛いからといって洗髪をおろそかにしていると、さらに悪化させてしまいます。
まず、紫外線によるダメージで頭皮が傷んでいるときは、できるだけ肌に負担をかけないシャンプーを選びます。
頭皮ケア成分を謳っているものがお勧めです。
こすりすぎないように、優しく頭皮をマッサージするように洗うのが基本です。爪を立てて頭皮を傷つけないよう、指の腹で洗います。
洗い終わったらしっかりすすぐことも大切です。髪にすすぎ残しのシャンプーなどがあると、頭皮を刺激する原因となります。
このような、基本的な洗髪をきちんと行うことが、頭皮をケアする最も効果的な方法なのです。
夏を過ぎても紫外線はまだまだ多く降り注ぎます。
また、曇りの日も紫外線量は多いので注意が必要です。
帽子や日傘などで頭皮を守ることと、紫外線を浴びてしまった頭皮を適切にケアすることで、頭皮の嫌なかゆみを防ぎましょう。

キレイな髪を目指すならRaffiシャンプー

【特記事項】
当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。
この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。