かゆい頭皮湿疹の原因はシャンプーだった?

8e510a9fa9dd9060e278ef0695556a38_m

ちゃんと洗髪しているのに頭がかゆい、すぐ頭皮が臭うのはなぜだろう、と悩んでいる人は意外に多いようです。これらの症状は頭皮湿疹の可能性が高いです。頭皮のかゆみについて気になる症状と対策についてまとめたので、トラブル軽減の参考にされてみてください。

頭皮が「カサカサ」でかゆい(乾燥性タイプ)

同じかゆみを伴うトラブルでもその地肌の状態を見ると、乾燥性と脂漏性というタイプがあることはご存知でしょうか?空気の乾燥する冬場など頭皮が乾燥した状態で放置し、そこへ合わないシャンプーなどで刺激を与えてしまうことでより乾燥が進み、湿疹が出たり皮膚がカサカサと剥がれ落ちるようになるのが乾燥型のタイプになります。

気になる枕のにおい、加齢臭は女性にも

頭皮の皮脂そのものが、嫌なにおいとなることもあります。
これは、過剰に分泌された皮脂が、空気中の化学物質と結びついて酸化することが原因です。
油性の整髪料などが髪に残った場合も同じことが起こります。
「枕がくさい」というイメージのある加齢臭も、男性に限った話ではありません。女性においても、40代を過ぎるとホルモンバランスが変化し、皮脂に加齢臭の原因物質となる脂肪酸が多く含まれるようになります。
皮脂の分泌が多いと、脂肪酸が分解されて加齢臭の原因物質ノネナールも多く生成されてしまうのです。

頭皮が「ベタベタ」でかゆい(脂漏性タイプ)

かゆみで頭をかいた時につめの間にべたついたフケ状のものが詰まったり、頭皮だけでなく生え際から額、皮脂の分泌の多い鼻のまわりなどの皮膚が赤くなって湿疹ができたり、皮膚が剥がれ落ちるというような症状は脂漏性タイプです。
皮脂の分泌が過剰になり皮膚のバリア機能のバランスが崩れ細菌が繁殖することで、かゆみや臭いを伴います。

頭皮湿疹はシャンプーの見直しを

市販の一般的なシャンプーのほとんどは高級アルコールと呼ばれる洗浄成分が含まれています。高級アルコールとは品質が高いアルコールのことではなく、炭素数の多いアルコールであることを示しています。
この成分は非常に洗浄力が高く、泡立ちが優れていて大量生産に適していますが、皮膚には刺激が強すぎる成分なのです。

トラブル頭皮に良いシャンプーとは

頭皮にトラブルを起こしにくく乾燥性、脂漏性ともにおすすめなのがアミノ酸系シャンプーです。
良いシャンプーのほとんどがアミノ酸系となり、アトピーの頭皮にも優しく洗えるのが特徴です。
石鹸系などは頭皮に優しいイメージがありますが頭皮のph値を崩す場合も多いので注意が必要です。
頭皮湿疹は過剰な洗髪や、残ったシャンプー剤が刺激となって起こることが大半ですので、まずは洗髪を2日に1回程度にし、よくすすぐことを心がけるだけでも違いが出てきます。
それでも改善が見られないようなら、シャンプー自体も見直してみてくださいね。

頭皮トラブルにオススメのシャンプーはこちら

キレイな髪を目指すならRaffiシャンプー

【特記事項】
当社は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。
この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。